ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する村長メッセージ(4月13日)

本文

新型コロナウイルス感染症に関する村長メッセージ(4月13日)

記事ID:0015944 更新日:2021年4月14日更新 印刷ページ表示

「新型コロナウイルス特別警報1」発出に関する村長メッセージ(4月13日)

 上伊那地域で新型コロナウイルス感染者が急増していることから、長野県は感染警戒レベル4である、「新型コロナウイルス特別警報1」を発出しました。
村内でも感染者が急増しており、これ以上感染者が急増することになれば、医療崩壊へのリスクの増加にもつながり、何としても食い止めなければなりません。村民の皆さまには、改めて感染拡大防止の取組みを再確認していただきたいと思います。
全国的にも第4波といえる感染拡大が見られ、まん延防止等重点措置が適用された地域もあります。さらには、これからゴールデンウイークを迎え、人の動きが多くなるとともに、飲食の機会も増える時期であります。飲食は少人数で行う、また感染拡大防止ガイドラインを遵守したお店を選ぶなど、感染リスクをできるだけ避ける行動を取りましょう。家庭内においても同じタオルを使わないなど、感染リスクを避ける行動をしてください。感染者が多発している地域との往来には十分注意してください。また医療崩壊を防ぐため、発熱等で心配な場合には、まずはかかりつけ医か開業医に電話でご相談ください。飲食店等事業者の皆さまにおかれましては、業種ごとの感染拡大防止ガイドラインの遵守を徹底していただき、安心して利用できる環境づくりをお願いいたします。
感染は誰にでも起こりうることです。差別や誹謗中傷しないよう心がけ、一人ひとりが思いやりの心を持ち、支えあいの輪を広げましょう。
全村民が一致団結してこの難局を乗り切れるよう、ご協力をお願いいたします。

                     令和3年4月13日
                          南箕輪村長 唐 木 一 直