ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 新型インフルエンザ等対策行動計画

新型インフルエンザ等対策行動計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月13日更新

新型インフルエンザ等対策について

「新型インフルエンザ」は、鳥などから人に感染したインフルエンザウイルスが、人から人に感染しやすいように変異した新しい型のウイルスによって引き起こされます。
人はこのウイルスに対する免疫を持っていないため、短期間で世界的に大流行するおそれがあります。今から発生した場合に備えておくことが必要です。 

南箕輪村では、新型インフルエンザ等の発生に備え、「南箕輪村新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しました。 

南箕輪村新型インフルエンザ等対策行動計画

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、南箕輪村新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました。

計画の目的

新型インフルエンザ等の感染拡大を可能な限り抑制し、村民の生命及び健康を保護するとともに、村民生活・経済に及ぼす影響が最小となるようにすることを目的としています。

計画策定の経緯

  • 南箕輪村インフルエンザ等対策委員会での検討
    特措法第7条に基づき、南箕輪村新型インフルエンザ等対策委員会において医師及び識見者等から意見を聴取
  • 庁内関係部署、各種関係団体から意見を聴取

計画の位置付け

特措法第8条に基づき、南箕輪村における新型インフルエンザ等の対策に関する基本的な方針及び村が実施する措置等を示すもので、政府新型インフルエンザ等対策行動計画、長野県新型インフルエンザ等対策行動計画に基づく市町村行動計画に位置付けられるものです。

病原性の高い新型インフルエンザ等だけでなく、病原性が低い場合等、様々な状況で対応できるよう対策の選択肢を示すものです。

計画の内容(ダウンロード)

南箕輪村新型インフルエンザ等対策検討委員会

新型インフルエンザ等対策特別措置法では、市町村の行動計画を策定するときは、あらかじめ、感染症に関する専門的な知識を有する者その他の学識経験者の意見を聴かなければならないとされています。

村では、新型インフルエンザ等対策行動計画(案)に対するご意見を聴くため、村内の医師、薬剤師、区長会のほか、関係機関の代表者等からなる「新型インフルエンザ等対策検討委員会」を設置し、行動計画について検討いただきました。

新型インフルエンザ等に関する情報(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)