ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部門 > 財務課 > 固定資産税について

本文

固定資産税について

記事ID:0015683 更新日:2021年4月7日更新 印刷ページ表示

固定資産税とは

固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に村内に土地、家屋、償却資産を所有している人が、その固定資産の価格を基に算定される税額を村に納める税金です。

土地

田・畑・宅地・山林等の現況地目ごとにいくつかの標準地を定め、その標準地と各土地を比較して評価額を決定します。宅地の標準地の評価額については、不動産鑑定士による鑑定価格の7割を目処とすることが国によって定められています。

家屋

居宅・店舗・工場・倉庫・物置・車庫等の家屋に対して、「固定資産評価基準」と現地調査に基づき評価額を決定します。

償却資産

会社や個人が、事業に用いるために所有している機械・器具・備品に対して課税されます。
償却資産の所有者は、毎年1月1日時点の償却資産の状況をその年の1月31日までに申告しなくてはならないと法令により定められています。この申告の内容をもとに評価額を決定します。

課税標準額と税額

上記より決定した評価額を基に課税標準額を算出します。税額は下記の計算式により算出します。
課税標準額×税率=税額
※当村における税率は1.4%です

免税点

村内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの合計課税標準額が次に金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

免税点一覧
土地30万円
家屋20万円
償却資産150万円

固定資産税の納期

固定資産税の納期限は下記のとおりです。
※納期限日が土日祝日の場合は、翌平日となります。

第1期4月末
第2期7月末
第3期11月末
第4期2月末

固定資産税のお知らせ

毎年、4月中旬に固定資産税の納税通知書および関係書類を送付します。
大切に保管をし、納期限内に納付をお願いします。

償却資産の申告

償却資産を所有されている方は、毎年1月1日現在に所有している資産について、1月末日までに申告をする必要があります。
申告に必要な提出書類を確認し、提出をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)