ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > しごと情報 > 産業 > 法人の税金 > 地方税共通納税システムが始まります
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 村税 > 地方税共通納税システムが始まります

本文

地方税共通納税システムが始まります

記事ID:0013333 更新日:2019年10月1日更新 印刷ページ表示

地方税共通納税システムとは

 eLTAX(エルタックス)を利用して、個人住民税(特別徴収分)などを複数の地方公共団体に対して、一度の操作で電子的に納税することができるシステムです。 地方公共団体や金融機関の窓口に出向くことなく、自宅やオフィスのパソコンからインターネットを通じて納税することができます。

※eLTAXは全地方公共団体で組織する「地方税共同機構」が運営する地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。

納税できる税金

  • 個人住民税(特別徴収)
  • 個人住民税(退職所得分)※ただし、納入申告がeLTAXで電子的に送付されている場合
  • 法人市町村民税
  • 事業所税
  • ほか法人道府県民税、法人事業税、地方法人特別税

利用開始日

 2019年10月1日

利用方法

 eLTAXを初めて利用される場合は、eLTAXのホームページから「利用届出(新規)」手続き(利用者IDの取得など)をしていただく必要があります。 

 利用方法など詳しくはeLTAXホームページをご覧ください。

その他

 地方税共通納税システムでは領収証書は発行されません。(画面上で納税履歴等を確認することができます。)

 領収証書が必要となる場合は、従来どおりの方法で納税いただくようお願いします。