ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

脳の活動状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月5日更新

脳の活性化の様子を見てみよう

諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授にご協力いただき、運動あそびをしているときや計算問題をしているときの脳の活動を調査しました。

計測器具を装着計測中結果はいかに!
脳の活動状況を科学的に調査!

右脳と左脳のモデル図

※青色が鎮静化している部分、赤色が活性化している部分を表す

平常時-左脳 平常時-右脳
平常時
音読中-左脳、鎮静化している 音読中-右脳、鎮静化している
本を音読しているとき
運動あそび中-左脳、活性化している 運動あそび中-右脳、活性化している
運動あそびをしているとき

調査の結果、読書や計算問題を解いているときには脳の一部が活性化するのに対し、運動あそび中は全体的に活性化することが分かりました。
このことから、運動あそびは脳の成長にはピッタリの方法だと言えます。

大人にも運動あそび?

運動あそびで脳が活性化するのは、なにも子どもだけではありません。
下のモデル図は、あるお父さんが運動あそびの「ぐーぱー跳び」に挑戦しているときの脳の様子です。

運動あそび中のお父さん左脳、活性化している運動あそび中のお父さん右脳、活性化している
運動あそびをしているお父さんの右脳と左脳のモデル図

このお父さんは、運動あそびに初めてチャレンジしたので、保育園で経験している子どもよりも高く活性化しています。何度も運動あそびをすることで、赤い部分は減少していきます。しかし、これは悪いことではなく、経験を積み重ねた結果、脳が慣れていくためで、こうやって脳は成長していくのです。

運動あそびには様々なプログラムがあり、毎回新鮮な刺激を脳に与えることができます。

大人の脳も活性化する運動あそび。
あなたもチャレンジしてみませんか?