ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

税額控除

記事ID:0005785 更新日:2016年3月31日更新 印刷ページ表示

税額控除について

ふるさと納税による寄附を行った場合、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除されます。(ただし、一定の上限はあります。)

所得税控除額

寄附を行った年の所得税から控除されます。

(年間寄附金額-2,000円)×所得税率:0~45%

個人住民税控除額

1と2の合計額が寄附を行った翌年度の住民税から控除されます。

  1. 基本分
    (年間寄附金額-2,000円)×住民税率:10%
  2. 特例分
    (年間寄附金額-2,000円)×(90%-(所得税率:0~45%))
    ※個人住民税所得割額のおおむね2割程度が上限額となります。

控除を受けるために

寄附金控除を受けるには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。

確定申告が不要な給与所得者等については、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより、確定申告不要で控除を受けることができます。(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

※ 税額控除の詳細については総務省ウェブサイト(外部リンク)にてご確認いただけます。